本文へスキップ

紀の川市、岩出市の医師会。那賀医師会です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.0736-77-3151

〒649-6405 和歌山県紀の川市東大井350

園医・学校医School Doctor

学校医部会からのお知らせ

那賀医師会学校医部会は、小学校・中学校・高等学校などの学校医の集まりです。
診療科としては、内科(小児科)医・眼科医・耳鼻科医・精神科医(一部の学校のみ)が所属しています。
また、保育所・保育園・幼稚園の園医も学校医部会のメンバーです。
現在、計57名の医師が参加しています。
学校医の役割は、学校の児童・生徒の健康を管理するとともに、学校に対して学校保健に関するアドバイスを行うことです。

年に何度かある児童・生徒の健診や新入生の健康診断が一般の方によく知られている仕事だと思いますが、それだけではありません。
私たち学校医、そして那賀医師会学校医部会が行っている仕事のいくつかをご紹介します。

  • 1.児童生徒の健診をします

    ご家庭からいただいた調査票や担任教諭・養護教諭からの情報とあわせて健診を行います。
    定期健診とマラソン大会などのイベント前に行われる健診があります。
    眼科校医・耳鼻科校医も各科の健診をします。
    何らかの病気や援助の必要な児童生徒については、学校生活に関するアドバイスを行います。
     平成28年度からは、新たに整形外科的な病気(例えば背骨の曲がる「脊柱側わん症」)についての健診も定期健診に付けくわえられました。
  • 2.新入生の健診をします

    新たに学校や保育所・保育園・幼稚園に入ってくる新入児童・園児の健診(内科・眼科・耳鼻科)を行います。
  • 3.学校保健委員会などの委員会や教員の勉強会に出席します

    学校保健委員会は一年間の学校保健活動の要になる会議です。
    また、アレルギーを持つ児童生徒に対する対応等のテーマで校内勉強会をしたり、ときには保護者向けの講演を行ったりします。
  • 4.学校心電図検査の判定をします

    小・中学校1年生で実施される心電図検査を、各学校医が判読して結果を報告します。
    異常が疑われるケースについては、私たち学校医部会内の専門家会議で改めて検討されます。
    学校医部会の事業として、心臓エコー検査を受けていただくこともあります。
    このようなシステムを作っているのは、県内では那賀医師会のみです。
  • 5.学校検尿について、精密検査に至るシステムを作っています

    尿検査で異常といわれたけれど、それからどうしたらいいかわからない。
    そういったことの無いように、学校検尿をスタートに、病気の早期発見につながるような学校ー医院ー病院の連携システムを作り上げています。
  • 6.児童生徒に健康教育を行っています

    タバコ・薬物(ドラッグ)・過度の飲酒など、将来健康を損ねる可能性のあるものについて、その有害性を児童生徒に教える授業を学校に出向いて行っています。
    特に、喫煙防止教育については熱心に取り組んでおり、その実績は県内でもトップクラスです。
    また、薬物・アルコール予防教室を、岩出保健所とタイアップして実施しています。
  • 7.発達障害の問題に積極的にかかわっています

    自閉症や多動症、あるいは学習障害といった発達障害については、保護者の皆さんも学校の先生がたもさまざまなご苦労をされています。
    学校医は、児童生徒の個性を尊重しつつ、医学的なアドバイスを行う、専門医に紹介するなどの活動を行っています。
  • 8.感染症の流行時などに、学校に対してアドバイスします

    インフルエンザの流行時などに、学級閉鎖を行うかどうかの判断に助言を行っています。
    インターネットを利用した欠席者サーベイランスシステムの導入により、どこの地域でどんな感染症が流行しているか、すぐにわかるようになっています。
 

少子化の時代で、近年どこの学校でも児童生徒数が驚くほど減っています。
しかし、それだけに、今の子どもたちは社会の将来を担う大切な存在です。
子どもたちが心身ともに健康に学校生活を送れるように、学校医は一生懸命仕事をしています。
現代の学校医は、社会の中で特に目立つ存在ではありませんが、縁の下の力持ちとしてがんばっていますので、皆様のご理解と応援をよろしくお願いいたします。

那賀医師会学校医部会 会長 山入 高志


Naga Medical Association那賀医師会

〒649-6405
和歌山県紀の川市東大井350
TEL 0736-77-3151
FAX 0736-77-5334